アフィリエイターもエモーショナルライティング?感情を揺さぶる方法

エモーショナルライティング

どーもたまもかです!

簡単に“始められる副業”の代名詞?だったアフィリエイト。

私もお金が稼げるし、文章を書くことが嫌いではないので始めたクチです。

しかし、文章を書いていく度に難しさを感じていました。

 

今の時代「アフィリエイトで稼ぐ」って生きていけるのかな?

 

というのも、

いわゆるモノを紹介したりする「アフィリエイト記事」。

これには

  • 信頼性(権威性)
  • 書き手の顔

この2つが欠けていると思うんです。

 

これってモノを売るのに致命的じゃないかな?

まぁ確かにアフィリエイト記事は記事同士を深掘りするために関連づけできたりはしますが…。

 

メルマガという少ない文章で売れるなら、アフィリエイトも工数短縮になるんじゃないかな!

たからこれからはエモーショナルライティング!

 

え?

エモーショナルライティング?

エモーショナルライティングを身につけるとバンバン売れる?

エモーショナルライティング

私がエモーショナルライティングを身につけよ!

 

と、なぜ提唱するのかと言うと

 

メルマガで稼ぐライティング法

みたいな本を読んだからです。

 

20代の私にとって、メルマガで稼ぐだなんて

何、前時代的なことやってんねん!って感じ。

 

ただ、知り合いの会社にメルマガを運用している人がいると聞いたので

そんなの前時代的でもなんでもないと気づいた今日この頃です…。

 

いや、待てよ?

 

稼げないモノに労力はかけないのが社会なはずのに、メルマガをしてるってことは収益あるのか⁈

でもメルマガって2000文字も3000文字も書けないよね⁈

せいぜい200文字くらいじゃない…?(よく知らない…)

それで物が売れるって?

 

なるほど、私はメルマガ式エモーショナルライティングに可能性を見た…!

メルマガで稼ぐ、アフィリエイトで稼ぐ。

アフィリエイトとメルマガ

 

メルマガとアフィリエイト記事の共通点は1つだけだと思ってます。

 

「文章でモノを売る」

それだけ。

 

メルマガとは…メールマガジンの略!

今の時代でも使われることの多い(らしい)メルマガ。

そんなメルマガで売れるなら、アフィリエイトっていらなくない?って思ったのだがそうでもないみたい。

 

メルマガは文字数制限こそないけれど、

長ければ長いほど読む人は離れていく。

だから1つのメールに情報量が少ないからこそ、そこに

 

“人を動かすなにか”

 

がとてもぎっしり詰まっているんじゃないかなって考えた。

メルマガの限界とアフィリエイト記事の欠陥

アフィリエイトの限界

メルマガにはたくさんの人を動かす部分が込められている。

とある本で

“人を動かすのは感情だ”

と書いてあった。

 

伝えられることき制限のあるメルマガにはそんな「感情」がいっぱい詰まってるんじゃなかろうか。

でもメルマガじゃ文字数制限がある。

そんなメルマガはアフィリエイト記事の限界と欠陥に類似している部分があると思ったわたし。

  • 信頼性
  • 書き手の人となり

 

アフィリエイト記事を書く場合、これらは書き込めば書き込むほど上位表示はできない。

なんせアフィリエイト記事はSEOを意識しなきゃいけないからね。

 

「もうKW(キーワード)の数や文章の長さだけじゃSEOはできない。」

なんて言われてるけど、実際まだまだ。

  • 文章が多ければ信頼性が高まる。
  • KWが多ければ関連性が高い。

だから、

POINT

「メルマガの限界=文字制限」をアフィリエイト記事でカバー!

「アフィリエイト(SEO)の限界=書き手の人となり・信頼性」

エモーショナルライティングは身につけておいて損はなし!

感情のライティング

アフィリエイトですでに稼げてるから別にエモーショナルライティングなんていらない!

 

そう思ってはいませんか?

 

そんなことはないんですよ?

 

今やAIが検索結果を最適化する時代。

 

仮に文章量やKW数が重要だとしても、それは今だけ。

 

AIが未熟な今だけ。

 

本当に必要になってくるのは

 

「その人の感性」なのです。

 

“あの人の言うことだから従ってみるか”

 

“あの人が紹介するんだから、きっと良い商品なんだろう”

 

「人を動かすのは感情」だからこそ、

 

従ってみようと動く。

良い商品なんだからと買う。

 

次回はエモーショナルライティングってどうやって書くのか?から始めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。