ベネフィットって結局何?本質を理解して売り上げが倍に!?

「ベネフィットって結局なに?」

ベネフィットとメリットの違いはわかっても、本質的なところが全く理解できていないアナタ。

ある記事内のフレーズから3日もかけて辿り着いた

「めちゃくちゃ簡単な本質的なベネフィットの考え方」

これを今回はまとめていこうと思います。

まぁ、自分なりのやり方なので「こう考えるといいですよ!」という意見が他にあればコメントにくださいー。

アフィリエイターなら絶対に知っておいた方が良い

ブログで商品を紹介したり、媒体を運用して商品を売っている人。

どちらも絶対に頭に入れておきたいのが…

ベネフィット。

ベネフィットとはその商品を手に入れて得られる利益や未来のことです。

「メリット」と混同してしまう人もいますが

メリットはその商品の特徴やウリの部分のことなので全然違います。

ここら辺は話が複雑になるのであえて説明しません!

メリットとベネフィットの違いを知るのは混乱のもとだと私は思ってるので…。

そんなことよりもコレだけ覚えていれば大丈夫。

というのを考えたんです。

”商品を買うのは〇〇をより良いものにしたいから”

これです。

これを知るだけでもはや「メリットとベネフィットの違い」なんか知らなくたって、理解しなくたってOKです。

これがベネフィットの本質か…

唐突ではあるんですが、

自分の文章を見返したときになんか面白くないなーって思ったんです。

そのおかげで物も売れない。

何が面白くないのか。どうやったら魅力的になるのか。

心に響く文章ってなんだろう?と。

そしたらこの記事に辿り着いたんです。

心に響く文章の書き方講座:常套句を避けて歩くと、楽しい文章への道が見えてくる

ザッと見て、なるほど文章の表現力を磨けば面白くなるのかなって。

で、記事の中のこのフレーズにビビっときたんです。

太っていても、法律上問題ではありませんし、美しい花を見に行くことはできるでしょう。
でも、太っているあなたが一人で見る花と、理想の体を手に入れたあなたが好きな人と手をつないで見る美しい花では、どちらが美しいのでしょう…

ダイエットについての文章なんですが、

「あっ!」って思った。

なんか自分も体型に自身があるほうではないので、惹かれたんでしょうね。

これダイエット商品の記事に書かれていたら成約率違うだろうなって。

で、こういう文章をかけたらいいな、と。

これをなんとか自分の”モノ”にしたくて、考えたんです。

どうやったらこの文章がスラっとかけるのか…。

うーん、うーん…。

そしたら3日後、私の中に何かが降りてきまして(笑)

つまんない日常をより良いものにしたいから商品を買うのか

ということに気づきました。

あ、これがベネフィットの本質なんだなぁって。

ベネフィットを理解すると文章がグッと魅力的になると気づいたんです。

ベネフィットはもう一歩踏み込む

冒頭の部分で

ベネフィットとはその商品を手に入れて得られる利益や未来のことです。

と、お話しました。

多分これベネフィットという単語の意味的には合ってますけど、

本質的な意味ではないのかなと思いました。

まぁ、私はバカだからか”未来のこと”なんて言われてしまうと本当に未来といいますか、

”将来実現したいこと”みたいに捉えてしまうんですよね。

ダイエットを例にすると

「痩せて彼氏作りたい」
「痩せて服を選びたい」

これが従来のベネフィットの考え方だったのかなって。

つまり”未来の話”に目が行きがちでした。

でも、よくよく考えてみると私たちは未来に向けて生きてはいますが、

”今”を生きているわけです。

つまんない、変化のない毎日を

  • 彼氏がいることで
  • 服を選んでお洒落することで

何か変わるんじゃないかって。

日常が変わるだろうと期待することをベネフィットと呼ぶのではないかと。

”今”という日常に、ベネフィットはあったのかなぁ…なんてね。

本質的ベネフィットのまとめ

初心者アフィリエイターが頭に入れておきたいこと。

それは

”商品によって日常がどう変えられるのかを謳う”

ということ。

「あなたは本当はこういう毎日を過ごしたかったんじゃないですか?」と提案することができたら、商品はバンバン売れ、

収入がドンと伸びているんじゃないですかね。

そして自分の文章を読み返してみても、文章ももっと魅力的なものになっていることに気づくはずです。

そういう意味では「ベネフィットの追求」は自分の文章をスキルアップさせる最短の方法でもあると思ってます。

ベネフィットを考える上で欠かせないことが…

しかし…ここで問題が。

ベネフィットを考える上で、気をつけておきたいことが1つあるんです。

私は”体型に自信がないから”、理想の体型で過ごす日常に憧れを抱いたわけですが、”体型に自信がある人”にはもちろん響かない…。

つまり…

MEMO
その人がどういう日常を過ごし、そういう不満や変えたいと思っていることがあるのかをあらかじめリサーチしておかなければいけないということです。

ここで改めて出てくるのがペルソナ設定。

ペルソナかぁ。

私苦手なんですよね。ペルソナ考えるの。

 

次回:ペルソナの「簡単」でも間違えない設定の仕方

 

この記事についてのあとがき作成中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。