【書評】つまらない人生を面白く。「神様とのおしゃべり」をレビュー

神様とのおしゃべり_レビュー

”神様とのおしゃべり”という本を読みました。

 

帯には「価値観がぐるりと変わる実用エンタメ小説」と書いてありましたが、

結論から言うと価値観はそこまで変わらないかもしれません。

 

私的には少し難しい内容だったので、読み込みが足りないのかもしれませんが。

 

この時は仕事への向き合い方とか、人間関係とか困っていた時だったので、

何か参考になるものを見つけられればとこの本を購入したのです。

 

蓋を開けてみれば「引き寄せの法則」でした。

引き寄せの法則ってどんなもの?という初心者の方ならとっつき易いかもしれないですね。

 

この本の評価
読みやすさ
(4.0)
学び・気づき
(3.5)
実用性
(4.0)
値段
(3.0)
総評
(3.5)

1.会話形式で読みやすさバツグン

読みやすさ
(4.0)

本のタイトル通り、この物語の主人公は全知全能の”神様”と幸せを掴みたいサラリーマン”みつろう”とのやりとりの記録です。

終始”神様”と”みつろう”の会話形式で物語は進んでいきます。

表紙のイラストがテレビ番組「激レアさんを連れてきた」のイラストでもお馴染み”JUN OSON”さんなので、ゆる~く物語が進むのかと思って蓋を開けると案の定。

ゆる~く物語が進んでいきました。良い意味でですよ!

これが結構読みやすく、つまらないと感じるひとなら眠くなってしまいそうな内容もスラッと読めました。

 2.主人公「みつろう」の理解力が早すぎて…。

学び・気づき
(3.5)

点数からもわかるように学びも気づきも多い良本だと思います。

しかし、”みつろう”の理解力が凄まじく「そこもうちょっと掘り下げてもらわないとわからないな…。」ということも多々あり。

この本の中でも面白いと思った考え方を少しご紹介いたします。

  • 「悩んでいる」ということ、それは「実はどっちでも良い」のと同じ。
  • 実は自分の目には「自分の見たいこと」しか映し出されていない。だから、電車で隣り合う人とか、あらゆる”出会い”から本当の自分は何を知りたがっているのか考えてみる
  • 「嫌いなあの人」はなぜ”嫌い”なのか。それは自分の知らないことをたくさん知っているから

これだけ聞いてもさっぱりだと思いますが、読めばちゃんとわかります。

本をあまり読んでこなかった私でも理解できていますから。

少しでもこれらの意味が知りたいと思った方は手にとって損はないかと思います。

 3.自分に活かせるかは自分次第

実用性
(4.0)

冒頭にも書いたように、この文庫本が「価値観がぐるりと変わる」かと言われれば、そうでもない。

のかなぁと思いました。

しかし「価値観がちょこっと変わる」ということなら価値はあると思います。

  • 自分が本当に望んでいる幸せってなんだっけ。
  • 自分が自然と作り上げていた固定観念を取り払うには。
  • ないものねだりはなぜいけないのか。
  • ”あなた”という人はこの世界に”あなただけ”ということ。

自己啓発本の一種であるこの本は、これらのことを知りたい人には心に響く本です。

4.自分一人ではたどり着けない答えを出してくれる本

コスパ
(3.0)

1000円ほどしますが、なかなか分厚いです。

さらに全部で600P弱ありますので、一回で理解しようとするにはなかなか難しいかも。
(そもそも本を読むのに一回で理解しようとするのがイケないのか…。)

 

これが800円とかだったら”即買い”だったかも。

しかし、この本のように物語形式でスラスラと読める自己啓発本ってなかなかないですね。

とっても貴重だと思います!

神様とのおしゃべりのまとめ

なんだか総評を書く前に酷評が目立ってしまった感じですが、内容は他のと比べても読みやすく、

1つの物語を読むという感覚で楽しめるようになっています。

ビジネス本とかノウハウ本とかって「こうしなさい」「あぁしなさい」とか書かれていてかなり厄介な印象ですが、

そう言うのとは違い、内容がすんなり頭に入ってくることが一番のポイントかもしれません。

 

人生うまくいかないことばかりです。

そんなもの誰だってわかっています。

それでも人生を楽しくいきている人はいます。

じゃぁ、その人とは一体何が違うのでしょう?

この本では”受け取り方”と”考え方”であると説いています。

これらは最近の自己啓発本で基本となりつつある考え方ですが、この本ではその理由を深く、且つ順序立てて解説しています。

「人生に悩んだらこの本を見る」のではなく「人生の悩みってどうして生まれるんだろう」という疑問を持った人には是非読んでいただきたい本です。

本の一言

「あなたは最初から幸せです。なぜならあなたの願いは既に1つ残らず叶っているのだから。」
本書より抜粋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。