自分が本当に伝えたい・発信していきたい記事はSEOを無視して書こうよ

本当に伝えたいこと

上位表示は記事全てで狙わなくてよい。

 

ブログを運営していきたい!という人はわりと多いが、その分挫折していく人も多い。

なんと1年間でブログをヤメていく人は新参者全体の80%。

2年間ならさらに10%減って90%にもなるのだという。

 

3年後に残っているのはもっと少ないが、

2年間という短い期間でさえ、生き残っているブロガーは初めた人のうちの10%しか残っていないらしい…。

 

今回は自分のブログ記事を上位表示にさせるために躍起になる新人ブロガーに、自分の備忘録的な部分も兼ねて綴っていきます。

新人ブロガーがコンテンツ作りに悩んだら以下のように分けると良いのではないかと思うということを。

  • SEOに特化した記事
  • 自分の言いたい本当のことの記事(雑記や好きなこと)

コンテンツSEOは大事!でも私たちが目指すのは自分の価値の発信

ブログに最も大切なものはコンテンツというのはご存知だとは思いますが、

多くのブログで

「コンテンツが最も大事だから毎日書きなさい」

という文章が目立ちます。

 

確かにコンテンツと更新頻度やそれに伴う流入はSEOにとっても大事な要素ですが、

そんなにコンテンツに注力して自分の伝えたいことが伝えられていますか?

って言いたいんです。

 

今時ブロガーになりたいなら他人と違うコンテンツを目指すしかありません。

アフィリエイターとはまた考え方が違います。

あくまで”ブロガーになりたいなら”ということです。

 

真のブロガーとは自分を発信していくこと。

その発信していくことが”他人と違う”つまり、差別化のされている情報を自分なりに発信していくということが”本当のブロガー”になる最大の近道だと私は考えています。

伸びるブロガーと伸びない新参者。コンテンツSEOはとりあえず置いとく

ブロガーで大事なのは”自分を発信してくことである”とお話いたしました。

自分を発信していくということは自分の伝えたい意見や感情を織り交ぜてコンテンツを考えるということです。

そうして作ったコンテンツは確かに多くの人に見てもらいたい。
よければ共感してもらいたい。拡散してもらいたい。上位表示したい。

 

しかしながらここで考えていただきたいことが一点あります。

それは「言いたいことや伝えたいことが検索ユーザーに届いたとしても、必ずしもGoogleに伝わるわけではない。」ということです。

たしかに多くの人に見てもらうということはGoogle検索画面での上位表示は必要不可欠です。

ですが、読者の他にGoogleにも記事の内容を伝えなければならないというのは大変難しいと体感しています。

 

ブログ・コンテンツの作成が初心者でありながら、1つの記事で

Google にも伝えたい(上位表示させたい)。

一般の人にも伝えたい。

というのでは少し幅を取りすぎているのではないでしょうか。

中途半端に手を出し過ぎやしないかということです。

 

どちらも手に入れることはおそらくできます。

というより取り組んでいる人は多いはずです。

 

ですが、伝えたいことが2倍に増えますので1記事に取り組む時間も多くなります。

時間がなくて記事が書けないという仕事人は大抵この段階で詰みます。

それはやはりGoogleにも検索ユーザーである一般の人にも伝えたい!という記事を書いているからです。

 

私たちは初心者なんですからまずは1つずつ、

書きやすい”一般の人へ向けた記事”の作成をはじめてみませんか?

SEOSEOした記事って自分の言いたいことがあまりうまく載せられないんですよ。

私なんかはとくに容量が悪いので…。

 

誰に対してのブログなのか?Googleがコンテンツを推しているのはなぜか?

私たちブロガーを目指している人は

Googleを相手にし、お客様であるユーザーも対象にしています。

 

ブロガーの記事ってどちらかというと後者の比率が多くなるのではないかと個人的に思っています。

 

何度も言うようですが、

いくら上位表示したところで訪問してくれるユーザーにその記事が響かなかったらなんの意味もないですよね。

 

本来価値を与えたい相手というのは私たちと同じ「人間」であってGoogleではありません。

読んでくれるたった一人に、その記事が響けば自ずと拡散してくれるようになるというのが私の持論です。

 

自分が一番伝えたいことはあえてSEOを意識しない方が良い。

もう一度言いますが、人間に伝えたいメッセージとGoogleに理解して欲しいメッセージは必ずしも一致するとは限りません。

もちろん、「僕は両方かけるように目指す!」という人も私はもちろん否定しません。

あくまでここまでの話は「ブログを書く」というハードルを下げる方法論にすぎないからです。

(モチベーションの問題かもしれませんが。)

 

それに私のような初心者は、”人に言いたいこと”も”Googleに言いたいこと”も盛り込むという非効率的なことをついしてしまいます。

いっこうに読まれないし、ファンは増えない。

なにもかも。

 

最近読んでいるマーケティングの本に

「ターゲットは分けて、1つに尽力する」

というようなことが書いてあって、

これってコンテンツの話かと思いきやブログ全体の運営の仕方にも言えるのではないかってちょっと思ったんです。

 

何度も言うように私たちは読者の「時間」をもらい「情報」を発信しています。

 

だから広めたいことが「情報」ならGoogleに伝え、

自分の言いたいことなら本当に自分の言いたいままで書いていけばいいんですよ!

 

自分の言いたいことを発信していく楽しみを覚えれば、

それはいつしか「見てもらう」ではなくて「書きたい」になるはず。

 

「書きたい」というマインドにさえなれば、アクセスが伸びまいが、ファンが増えまいが関係ないでしょ?

 

ただ、それでも「自分の考えを広く、広く発信していきたい」と思う時が来るでしょう。

それでも良いと思います。

私もそのうち考え始めますから。

 

しかし、今だけはその考えは危険なのではないかと思っています。

最初から目指すのは悪くないけど、挫折する可能性が高いと思うんです。

 

今日のまとめ

  1. 情報に関する記事はGoogleでSEOを意識して書く。
  2. 自分が本当に発信していきたいこと、言いたいことはSEOを無視して書く。

まずは自分の書きたいことを書くことが大事だと思っています。

 

しかしここで注意したいことが1つ。

「目をひくタイトルを考えること」

 

なんでこれはしなくてはいけないのか…。

この話はまた別にしておきます!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。