人生に意味はあるのだろうか?たった1つの質問で自分を見つける

人生に意味はあるのか

人生に意味はあるのでしょうか?

私やあなたが思っているとおりに、はっきり言えば「人生」に意味はないのかもしれません。

でも、「生きる意味」ならきっとあるのではないでしょうか。

 

例えば、あなたが生きる意味を探しているならそれこそが「人生における意味」なんじゃないですか?

 

「生きる意味を探す」という生き方なんです。きっと。

 

「そんなの揚げ足をとっているだけだ。」

 

こう思われる方のために、“答え”を用意しました。

 

あなたにしかない人生の意味。生きる意味。

ここで出会えたのも1つの縁です。

人生の意味を一緒に探して生きませんか?

人生の意味なら以外と簡単に見つかる

実は人生の意味、すなわち生き方って割と簡単に探せると思うんです。

 

それはあることを想像するだけです。

 

「今日が人生最後の日なら、あなたはなにをして過ごしますか?何がしたいですか?」

 

この質問だけで探せます。

真剣に想像してみましょう。

自分に大切なものがあっけなく見つかると思いますよ。

 

その自分に大切なものを守ることが不思議なことに「人生の意味」になっていることに気づくと思います。

人生最後に過ごしたいことが「人生の意味」

人生最後にやりたいこと

先ほどの問いは考えられたでしょうか?

今日で最後です。

 

今が朝の8時ならあと16時間

今が夜の20時ならあと4時間

 

死に方や終わり方なんてなんでもいいんです。

どこにいようが関係ありません。

 

時間は今も過ぎています。

さて、今日は何をしてましたか?またはするつもりですか?

 

仕事ですか?

恋人と過ごすつもりでしたか?

 

肝心なことはただ一つ。

起こることすべてが最後だということ。

 

今日で最後なわけですから、

今日で誰かと会うのも、

自分のすることも全部「最後」です。

 

見た景色も、街ですれ違う人も最後。

改札を通るのも最後だし、夕日を見られるのも最後。

 

本当に最後だと思えば、こんな感じに思うのではないでしょうか。

 

「人生最後にやれたことってどれだけあっただろうか。」

「やりたいことは今日で全部できるんだろうか。」

「一瞬一瞬を噛み締めて生きるべきだったんじゃないだろうか。」

 

やりたかったことやしてみたいことってまだまだあったんじゃなかったっけ。

って。

 

後悔ばかりが押し寄せてきて悲しくなりませんか?

そう思えるのはまだまだ生きる意味がある証拠ですよ。

人生最後の日が名残惜しいのは何かを成し遂げられなから

人生に意味なんてなかったとして。

今日が最後の日だとして。

どうして悲しくなったのでしょうか?

 

悔しいからですか?

寂しいからですか?

 

どれも理由は同じです。

後悔してるんですよ。

 

「何かを成し遂げられなくて」

「何も成し遂げることができなくて」

 

家族ともっと一緒にいたかったのではないですか?

夢を叶えたかったのではないですか?

 

あなたの生きる意味はきっと今の気持ちそのものです。

 

実は私も同じだったんですよ。

人生に意味ばかり求めていた時期があったんです。

生きる意味と自分の人生について悩んだ

大学生のころ、友達が一人もいませんでした。

高校でも友達は少なくて、その少ない友達でさえ、大学時代は疎遠でした。

 

私には夢があって、大学の卒業は夢の実現に向かう第一歩だったんです。

そんな大学なのに、いつしか行きたくなくなりました。

 

「ひとりぼっち」がこんなに辛いなんて思ってなかったんです。

人の目を異常に気にする私は1人で学食にも行けませんし、授業を受けることでさえ苦痛だったんです。

 

周りはなんて楽しそうなんだろうって思って、そういうのを見るのも、その場にいるのも嫌になりました。

その内大学にさえ行かなくなって、バイトばかりして。

夢への道が断たれたとき、ふと思ったんです。

 

「今自分は何やってるんだろう。生きてる意味あるのかな。」

 

って。

最後に

人生に意味はない

そうやって人生に意味ばかり求める日々が続いてましたが、ある時本で見たんです。

「今日が人生最後の日ならあなたは何をしますか?」

 

いつもならスルーしてしまうんですけど、その時は真面目に考えてみました。

そしたらひどく悲しくなって、本当にやりたかったことと、今自分がしたいことを見つけたんです。

 

そしたら今この瞬間も大事なんだなって思うようになりました。

本当は仕事なんて行きたいとは思いません。

 

今日が人生最後の日って考えたら仕事は多分行かないだろうから。

 

でも、いつ最後の日でもいいように、仕事に打ち込むっていうのもありなのかなって。

それと同時に人生最後なんだったら、あの時もうちょっと「仕事」っていうものに挑戦し続けてればよかったなって後悔したくない。

 

あなたも是非考えて見てほしい。

そして変わった。変わらなかった。などのコメントをいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。