ブロガー初心者が書くべき文章は『刺さる文章』。これだけ。

刺さる文章って一体なんだろう?

最近こんな本を買いました。

1秒で刺さる文章の書き方

他のブロガーさんがもうすでにご紹介しているかもしれませんが、
私もいろんな人に読んでいただける文章を勉強したいと思い、購入した次第です。

初めにこんなことが書いてあります。

この本は3人のために書きました。

ブログを書いたのに読まれない人。

意図に反して、炎上してしまった人。

オリジナリティーのある文章が書けない人。

この中に当てはまる人はいますか?

もし、この中に当てはまる人がいたとしたら。

すでにあなたはこの文章に「刺さっている」ことになります。

本当の文章とは「相手の心を動かす」ということ

この筆者は文章を書く大前提として以下の3つを挙げています。

①読んだ人が人に伝えたくなるか

②読んだ人が行動したくなるか

③読んだ人がハッピーになれるか

この3つをブロガーの人の内容に落とし込むなら何か。

①は「共有」。
ツイッターやFacebookでの拡散と捉えることができそうですよね。

②は「コンバージョン」です。
何か商品の購入を促したり、メルマガに登録していただいたり、ブログでの行動は様々です。

③は「リピート(リピーター)」でしょうか。
誰だってハッピーになりたいですよね。
つまりそのブログを読んでまたハッピーになりたいと思われるということです。

「そんなことわかってるよ。その方法がわからないんじゃないか」

との意見が聞こえてきそうですが、

『「共有」「コンバージョン」「リピーター」この3つを増やそう!』

と、ただ言われてピンッときますか?

文章とはこういうものなのだと感心しつつ、次にいって見たいと思います。

だからあなたのブログは読まれない

アクセスがあっても読まれない記事なんてごまんとあります。

それは私のブログも然り。

理想はすべての記事を見ていただけたらそれはそれでうれしいですが、

読み手はたった一人でいい。

これに尽きるのです。

初心者の一番陥りやすいミスとして「より多くの人に見てもらいたい」という思いが先行してしまうのです。
しかし考えてみてください。

バズる記事は一斉にみんなが見るからバズるのでしょうか?

いいえ。

とある誰かがその記事を共有なり、拡散なり、紹介して初めてバズるのです。

筆者はそのたった一人に向けて書くべきだと言っています。

「ターゲットを絞る」とはコンテンツの書き方として基本とされていますが、それと似たようなものですね。

成功体験に人は惹きつけられない。失敗こそ成功。

人気番組である「カンブリア宮殿」「プロフェッショナル」の番組構成を意識したことはありますか?

①成功者の紹介 →   ②成功するまでの挫折や苦労 →   ③これからの課題

このような構成になっていると筆者は語ります。
人気の秘訣がそこにはあって、

『こんな成功を遂げた人がいるんですよ〜』と言われただけでは『そうなんですね』で基本終わってしまいます。

だってそうでしょう。誰も自慢話しだけ聞きたいなんて思う人はいません。

コンテンツにも同じことが言えるそうで、『こういう成功があったんだけど、こういう失敗があったんだ』

自分と同じ距離感であればあるほど、人は興味を示すものなのです。

例えばapple社で有名なスティーブ・ジョブズはもともと「孤児」だったと聞いたことはありますか?
孤児からここまで成り上がるなんて並大抵のことではありません。

だからあなたも何かを成し遂げるチャンスはあるのです。

とまぁ、ジョブズが孤児だったという情報は嘘ですが、今のように詳しく聞きたいと思った方もいるのではないでしょうか。

つまりそういうことです。

失敗体験を増やして読まれる記事を書く

ここまで色々お話ししてきましたが、「読まれる記事を書く」=「リアルな記事を書く」ということです。

冒頭でお話しした「共有」「コンバージョン」「リピーター」もリアルなコンテンツから行動を促されたと言えるのですが、
このリアルなコンテンツは想像では書けません。

なにせ「現実(リアル)」でないといけないのですから。

パクリでもいけません。

ネットに流れている情報を写して自分のブログに載せたところでどんな需要があるというのか。

パクリ元の情報で十分だと私も筆者も考えます。

だからこそ、

書き手である私たちは「刺さる」記事を書くために、現実で様々な失敗を積み重ねていく必要があります。

それがその人の「本当のブログ」になり、「刺さる記事」となり得るのです。

私も私なりのコンテンツが書けるよう、外の世界に目を向けることを意識したいと思います。

参考書籍:1秒で刺さる書き方-伝わらない文章を劇的に変える68の方法-中谷-彰宏-

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。