白子ニューシーサイドホテルに日帰りで旅行してきた!前編

白子海岸へ続く

2018年10月某日。

私は白子という場所にいました。

場所でいうとここら辺。

日々の疲れを癒すため、そして自分の写真のスキルを上げるために…!

日帰りでも時間は意外に限られているので、ざっくりとですがスケジュールも組んでみました。

しかし疲れていたという言い訳もあり、のんびり過ごしたためかあんまり予定通りにはいかなかったなぁ〜。

茂原駅到着!日帰り旅行(?)の始まり

茂原駅から白子ニューシーサイドホテル

茂原駅から白子ニューシーサイドホテルへ

茂原駅。

東京からなんと3時間!

ここからだいたい30分くらいで目的地の白子ニューシーサイドホテルに着きました。

この時点で少し疲れたかもしれない…笑

茂原駅にある女性像

茂原駅に佇む女性像

銅でできているのか黄土色です。

この銅像の下には”平和宣言都市”と書かれていて、この銅像は非核平和都市宣言と呼ばれる自治体に置かれた?ものらしい。

 

1982年8月5日、広島県府中町が同町でシンポジウム「非核宣言の輪を広げよう」を主催、1985年をピークに増え続け、現在(2016年1月)、1,604自治体を数える。

非核平和都市宣言

昼間の室外機

昼間の室外機

室外機です。

なんの変哲も無い室外機。

構図がうまかったのかなぜだかお気に入りの写真の1つです。フリンジが見えますね…。

白子ニューシーサイドホテルの待合イス

白子ニューシーサイドホテルの待合イス

こういうのが撮りたかったんです!

カーテンの隙間から漏れる光とそれを移すイス…。

空気感が伝わればいいなぁ。

おもてなし

日本のおもてなし

綺麗に並べられていました。

これが日本のおもてなしですかね〜。

おもてなし。料理編

おもてなし。料理編

おいしそ〜!

というよりとてもおいしかったです。

ホテルなので普通にお弁当?的なものが出てくると思っていたのでびっくりしましたが、美味しかったんですよ〜!

白子ニューシーサイドホテル内観

白子ニューシーサイドホテル内観

綺麗ですよね。

赤の絨毯と木目のドアが日本っぽさがあって好きな写真の1つです。

白子海岸へ続く

白子海岸へ続く

夏っぽさが残っていますよね。

行ったのは10月なので、秋が少し見えるのではないでしょうか。

よくわからない木

よくわからない木

たまたま空が澄んでいて木が映えています。

マツの木って日本っぽい。

日本しか生えないのかな?

秋のタンポポの綿毛

秋のタンポポの綿毛

タンポポが綿毛になるのって春だとばかり思っていたけど、秋にもなるのかな。

と思って調べてみたらありました。

セイヨウタンポポって言うらしいです。

春に咲くタンポポはニホンタンポポっていうらしいですよ。

人がいなくなった道

人がいなくなった道

きちんとレンガが敷き詰めてあって、当時は整備されていたんでしょう。

この後ろがこの道の終着点だったので、今は誰も使っていなさそう。

人間がいなくなった20年後とか、世界はこんな感じにところどころ緑が生えるのでしょうか。

終わりに〜後編へ続く〜

後編はついに白子海岸に行きます!

白子ニューシーサイドホテルの展望も撮りました!

お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。